居抜き物件の探し方や選び方のご紹介

居抜き物件とは、スケルトンになっていない物件のことです。普通、店舗を借りる場合には、まずスケルトンの状態からなにかと装飾をして行きます。装飾をすることでお店や病院らしくすることができます。装飾は好きな模様やデザインにします。ですが、店舗を出なければならない場合があります。そのテナントを出なければならない理由はいくつかありますが、赤字の場合や他にもっといい場所が見つかった場合です。この場合は、通常元通りのスケルトンにする必要がありますが、居抜き物件の場合はスケルトンにする必要はなく、そのままの状態にしておいて出て行っても問題ありません。逆に言えば、そういった契約をしているところを専門的に扱っている不動産会社を選ぶことで居抜き物件を見つけやすくなるでしょう。

居抜き物件の成立要件とはなにか

居抜き物件は、借主が勝手にスケルトンにしない状態で出て行けば居抜き物件が成立するわけではありません。そこには、大家さんと借主との間で契約がなされているはずです。契約と言っても、途中から居抜き物件にしますと決めてもその契約は不成立になります。最初から居抜き物件であることを契約しておき、その後に借主がその旨知りながら借りることが必要になります。居抜きのメリットはいくつもあります。居抜きは、借主側には大きなメリットがあるのです。そのひとつは、居抜きにすることで、スケルトンにしていないため、わざわざ装飾をする必要はなくなります。逆に、退去する時にもやはりスケルトンにする必要はないため、退去費用が安くなるのです。これによって、仕事を辞めてそのテナントから出て行くときも負担は少ないのです。

大家さん側にも立派なメリットがある

大家さんの視点にたつと、スケルトンにせずに居抜きにすることでいくつかのメリットがあります。その中で一番メリットと言えるのは、すぐに新しい借主を見つけやすくなることです。新しい借主としても、できるだけお金をかけたくはありません。できれば居抜き物件で使えそうな所を物色しているはずです。そうだとすれば、大家さんもわざわざ居抜き物件として貸し出すことで、人気のある物件にすることができるのです。できれば、借主との間に、次の新しい借主を見つけるまでは退去しないことを条件とすれば、空室の期間が短くなり、家賃収入も途絶えることがなくなります。物件を探す側としては、居抜き物件を専門に扱っている不動産会社を見つけることが大事になります。そういった会社は最近増えてきています。