居抜き物件にはどんなメリットがあるのかを解説します

居抜き物件とは、前テナントが使用していた設備や内装の造作などが残っている物件のことで、必要なものをそのまま引き継ぐことができるため、内外装工事費を、大幅に減額することができ、開業までにかかる日数を大幅に短縮することができます。店を新規で出店しようと思ったとき、気になるのがコストではないでしょうか。居抜き物件は、物や設備がそろっているため、初期費用が安く、利用の開始までが早いというメリットがあります。また、探す、買う、設置するという作業時間も一気に省くことができ、開業までの時間がない人などにはかなりお得な物件といえます。ただ、居抜き物件特有のトラブルも、意外と多いため、きちんと理解しておかないといざ退去するときに、思いがけない損害が発生する可能性もありますから、注意が必要です。

居抜き物件のメリットとデメリット

居抜き物件の借り主のメリットとして、内装や設備、備品の準備にかかる初期費用を抑え、開業までの時間を大幅に短縮することができるということがあげられます。また、前のテナントと同じ業種であれば、顧客を呼び込むことも可能で、前のテナントのメリットとしては、原状回復の費用や手間を省くことができます。賃貸物件を退去するときには、物件を借りた時と同じ状態に戻す、原状回復が義務となっているため、設置したものを撤去したり、クリーニングを行うため、費用が発生してしまいます。居抜きで退去ができれば、その費用や手間を省くことができます。ただ、デメリットとして、内装を受け継ぐため、レイアウトに制限がかかってしまいます。また、キッチン関係を改装しないといけない場合には、スケルトン物件よりも費用がかかってしまう場合もありますから、注意が必要です。

居抜き物件で気をつけるチェックポイント

より早く、安く開業できるということで、現在流行している居抜き物件は、スケルトン物件よりも気軽に開業できるというメリットがあります。ただ、中古品ということで、欠陥があったり、スケルトンで開業するよりも、費用がかかるなどのリスクも伴いますから、内覧のときにきちんとチェックポイントを抑えておくことが大事です。まず、居抜き物件を検討するうえで忘れてはいけないことは、前テナントが撤去した理由です。もっとも多い理由は、経営の悪化によるもので、こういった物件を同じ業態で開業する場合には、綿密な戦略をもっていないと、同じことを繰り返してしまいます。また、内覧をする際には、どこを変えどこを活かすかをきちんと考えておかないと、大がかかりに改装が必要となり、結局工事費用がかかってしまう場合もあります。